プライベートチャネルを使う

 

Radmin jumpto プライベートを使う

プライベートチャネルを作成するには、他のユーザーに 「プライベートリクエスト」 を送信し、リモートユーザーがこのリクエストを許可する必要があります。 新しいプライベートチャネルが作成されると、両ユーザー共その時点で入室していたチャネルを自動的に退室して、作成されたプライベートチャネルに入室します。 一方のユーザーがプライベートチャネルから退室すると、他方のユーザーも自動的に退室し、そのプライベートチャネルは削除されます。

Radmin note プライベートを使う プライベートリクエストを複数のユーザーに送信している場合、そのうちの 1 人のユーザーがリクエストを許可した時点で他のユーザーへのプライベートリクエストは無効となり、それらのリクエストを許可しても何も起こりません。

プライベートリクエストを送信する

プライベートリクエストを送信するには
  1. ターゲットユーザーを右クリックしてメニューから 「プライベートをリクエスト」 コマンドを選択します (Radmin details プライベートを使う詳細)。

    プライベートをリクエスト コマンドはいくつかの方法で実行できます:
    • ターゲットユーザーを右クリックして プライベートをリクエスト を選択する。
    • メニューから 「ユーザー」 -> 「プライベートをリクエスト」 を選択します。
  2. 「プライベートをリクエスト」 ウィンドウが表示されます (Radmin illustr プライベートを使う図例)。
    Radmin vc reqprivwnd プライベートを使う
    「プライベートをリクエスト」 ウィンドウ
  3. 必要に応じてメッセージテキストを入力します。
  4. リクエスト ボタンをクリックします。

Radmin gotop プライベートを使うトップに戻る

プライベートリクエストを許可するには

プライベートリクエストを許可するには
  1. 他のユーザーからプライベートリクエストが送信されると、 「プライベートリクエスト」 ウィンドウが表示されます (Radmin illustr プライベートを使う図例)。

    Radmin vc privreqwnd プライベートを使う
    「プライベートリクエスト」 ウィンドウ
  2. 許可 ボタンをクリックします。
  3. ユーザー情報 ボタンをクリックするとリクエストを送信したユーザーの 情報ウィンドウ が表示されます。

Radmin gotop プライベートを使うトップに戻る

Radmin related プライベートを使う

プライベートを使う