Windows セキュリティを使う

 

Windows セキュリティはリモートコンピュータへのアクセスを制限したり、 指定したユーザーにのみアクセスを許可したりすることができます。 ローカルコンピュータにログインしているユーザーがリモートコンピュータのセキュリティリストに追加されているクレデンシャルを持っている場合、このユーザーはユーザー名とパスワードを入力することで、リモートコンピュータに接続することができます。

Windows セキュリティ設定にアクセスする

Windows セキュリティ設定を変更するには:
  1. 設定にアクセスします(Radmin illustr Windows セキュリティを使う図例)。

    Radmin srvcfg Windows セキュリティを使う
    Radmin サーバーの設定
  2. アクセス許可… ボタンをクリックして 「Radmin サーバーのセキュリティモード」 ウィンドウを表示します (Radmin illustr Windows セキュリティを使う図例)。
    Radmin srvcfg secmode Windows セキュリティを使う
    「Radmin サーバーのセキュリティモード」 ウィンドウ
  3. Windows NT セキュリティ を選択して アクセス許可 ボタンをクリックし、 「Radmin サーバーのアクセス許可」 ウィンドウを表示します (Radmin illustr Windows セキュリティを使う図例)。
    Radmin srvcfg perm Windows セキュリティを使う
    “Permissions” window
  4. このウィンドウでユーザーの追加と削除および接続種類別のアクセス許可を設定します。
Radmin related Windows セキュリティを使う

Windows セキュリティを使う